お問い合わせ内容

No. 8521 日時 2017/03/09 00:00:00
内容 確定申告せずに納税しない場合について

回答

原則として、税金が定められた期限までに納付されない場合には、納税期限の翌日から
納付する日までの日数に応じて「延滞税」がかかります。
さらに確定申告の場合、期限後の申告には「無申告加算税」が課されます。


延滞税の金額は、納期限の翌日から2月を経過する日までは、年7.3%と
「前年の11月30日の公定歩合+4%」のいずれか低い割合納期限の翌日から2月を
経過した日以後は、年「14.6%」無申告加算税の金額は、申告をしないことについて
税務署から得金額の決定を受けた場合、本来納める税金に加えてその税金の
15%相当額を、税務署の調査を受ける前に自主的に期限後申告をした場合、
本来納める税金に加えてその税金の5%相当額となります。 

お問い合わせ

「よくあるご質問」をご覧いただいても解決しない場合は、お電話またはお問い合わせフォームより質問内容をお送りください。

0120-86-9686
受付時間:午前9時~午後5時(土・日・元日除く)