お問い合わせ内容

No. 8519 日時 2019/06/20 00:00:00
内容 申告期間について

回答

確定申告は、個人の場合毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得金額に対する税額を算出して翌年の2月16日〜3月15日(土日の場合は、翌・平日になります)に申告します。

上記の確定申告期限内に申告を忘れてしまった場合は、期限後申告をすることとなります。
税務署の調査を受けたあとで期限後申告をしたり、申告をしないことについて税務署から所得金額の決定を受けたりすると、本来納める税金に加えてその税金の15%相当額の「無申告加算税」が課せられます。

税務署の調査を受ける前に自主的に期限後申告をしていれば、この無申告加算税が5%に軽減されますので
期限後申告になってしまった場合は、気がついた時点でできるだけ早く申告することをおすすめします。

お問い合わせ

「よくあるご質問」をご覧いただいても解決しない場合は、お電話またはお問い合わせフォームより質問内容をお送りください。

0120-86-9686
受付時間:午前9時~午後5時(土・日・元日除く)