お問い合わせ内容

No. 24712 日時 2021/02/01 00:00:00
内容 最大ポジション数を変更するとどうなりますか?

回答

注文時に最大ポジション数を減らした場合…
⇒損切りされるリスクが高まります!

ループ・イフダン注文時、まずお客様のご資産(新規注文可能額)の範囲内で設定できる最大ポジション数の上限が表示されます。
その上限から減らして最大ポジション数を設定すると、設定レンジ(耐えられる幅)が狭まります。

つまり、予想と反してレートが値動きした際に、上限で設定した時よりも少ない最大ポジション数で運用した時、
相場の僅かな値動きで損切りをされてしまうリスクが高まりますので注意してください。

なお、表示されている最大ポジション数の上限以上で運用したい場合は、追加でのご入金等が必要となります。

 ≪注意事項≫
最大ポジション数はループ・イフダンの新規注文時に設定することが可能です。
余剰金の多少に関わらず、最初に決めたポジション数を維持します。
運用の途中で変更することはできませんので、注文の際はご注意ください。


【例】B10(USD/JPY)の売買システムを運用する場合・・・
最大ポジション数64で運用した場合、必要目安資金は476,096円で設定レンジは6円40銭となりますが、
最大ポジション数10で運用した場合、必要目安資金は47,390円に下がりますが設定レンジは1円になります。
設定レンジとは損切りされるまでの耐えられる幅のことです。
※設定レンジはループ幅 × 最大ポジション数 = 設定レンジで計算することができます。
※詳しい設定例はこちらもご覧ください。

 

※証拠金額は日々変動します。証拠金額によって設定できる最大ポジション数、必要目安資金も変動しますのでご注意ください。
※設定レンジ内でもレートの値動きによっては損切りが発生する可能性があります。

---------------------------------

■最大ポジション数の設定例

ループ・イフダン注文時、お客様のご資産(新規注文可能額)の範囲内で設定できる最大ポジション数の上限が表示されます。 >>表示されているまま設定する場合 >>最初の表示から変更して設定する場合 【1】表示されているまま設定する ループ・イフダン注文時、まずお客様のご資産(新規注文可能額)の範囲内で 設定できる最大ポジション数の上限が表示されますので、変更せずそのままの値で注文をします。 ※最大ポジション数は運用の途中で変更することはできません。 例)新規注文可能額が500,000円の場合 この場合売買システムB10(USD/JPY)で運用する場合、設定できる最大ポジション数は66が上限です。 表示されている最大ポジション数のまま注文をすると、必要目安資金は496,320円となります。 この時の設定レンジは10銭(ループ幅) × 66ポジション(最大ポジション数) = 6円60銭になります。 【2】変更して設定する ループ・イフダン注文時、まずお客様のご資産(新規注文可能額)内で 設定できる最大ポジション数の上限が表示されます。 その上限までの範囲で変更をして注文することが可能です。 表示された上限以上の最大ポジション数には設定できません。 ※最大ポジション数は運用の途中で変更することはできません。 例)新規注文可能額が500,000円の場合 この場合売買システムB10(USD/JPY)で運用する場合、設定できる最大ポジション数は66が上限です。 設定する最大ポジション数を30に減らして注文をすると、必要目安資金は172,440円となります。 この時の設定レンジは10銭(ループ幅) × 30ポジション(最大ポジション数) = 3円になります。 ▽関連FAQ 【ループ・イフダン】ご注文の手順

お問い合わせ

「よくあるご質問」をご覧いただいても解決しない場合は、お電話またはお問い合わせフォームより質問内容をお送りください。

0120-86-9686
受付時間:午前9時~午後5時(土・日・元日除く)